生命保険アンダーライティング学院は、昭和49年4月、東京外務員協会(現公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会東京協会)の有志の懇請により、故・末高信先生が中心となり、生命保険の健全な発展の要である外務員(営業職員)の全人格形成のための学校として創設されました。
 毎年9月に開校し、翌年8月まで、毎週土曜日、大学教授をはじめとした講師陣の下で、文学・倫理哲学・経済学など5科目の教養科目と、社会保障論・生命保険理論など7科目の専門科目を学習します。

 生命保険アンダーライテイング学院では、現在、44期生を募集しています。
 受講資格は、原則として、3年以上生命保険営業員の経験を有し生命保険大学課程試験TLC(生命保険協会認定FP)に合格した者であって、公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会の推薦するものになります。
 修学期間は、平29年9月1日から平30年8月31日までの1年間、講師による講義形式で行われます。詳細は入学案内・募集要項ページをご参照ください。
     ▼ 2017年・入学案内リーフレット(PDF)
       ▼ 入学申込書(PDF)

 ※ ご不明な点、ご質問等がございましたら、電話、メールでのお問い合わせページから、お気軽にお問い合わせください。
 ※ サイト内の入学案内ページに、学院生の声ページがございますので、学院生の声、卒業生の声をご参照ください。

 

  • 入学案内
  • 生命保険修士会 - 生涯学究の徒たれ -

アンダーライティング学院のホームページをご利用いただき、ありがとうございます。
あなたは当サイトへの 番目のご利用者です。